バストアップサプリの飲み方

バストアップサプリメント > バストアップサプリの飲み方のポイント

バストアップサプリの飲み方のポイント

バストアップサプリは効果がありますが、女性ホルモンという体調を大きく左右する成分の分泌量に作用するデリケートなサプリです。そのため、飲み方を間違えると体調を崩したり、副作用が出たりします。

口コミなどを見ていると「副作用が出てしまってバストアップにも効果がありません」というレビューも見かける事がありますが、これは飲み方を誤っている事が多いです。 毎日飲むものではなく、飲むタイミングなど気をつける事があります。

一つ目の気をつけるべきポイントとしては、上でも述べている飲むタイミングです。 女性には卵胞期と黄体期があり、簡単に言うと、前者は月経の時期の前半、後者は後半です。 バストアップサプリは使われている成分によって飲むタイミングが異なり、プエラリアだと卵胞期に飲む必要があります。

また、プエラリアの他にバストアップ成分として知られているワイルドヤムは、逆に黄体期に飲むのがベストです。 まあ、一日の中でも飲むのに適した時間があります。 ベストなタイミングは日中とお腹が空腹の時です。 食後に飲むのはやめましょう。

日中に飲むのは血流が日中の方がよいため、バストアップ成分がきちんと行き渡るようになります。 また、食後に飲むのはバストアップの成分が体内で吸収されにくくなってしまうため、空腹時に飲んで、吸収されやすい時を狙って飲むのがお勧めです。

整理の時には飲むのはサプリメントによっても違います。 女性ホルモンの分泌を促す効果のあるバストアップサプリは整理中に飲むと、異常分泌を起こしてしまう事があるので、注意が必要です。 サプリメントに同梱されている説明書に飲み方が書いてあるはずなので、しっかりと注して読み、正しい飲み方で飲むようにしましょう。

また、最後のポイントとしては、バストアップができると思いこんで飲むというです。 本当にバストが大きくなるのかなという半信半疑で飲むよりも、これでバストが大きくなるんだと信じて飲むようにしましょう。 思い込みが薬の作用を変えてしまうという事は時々ある事で、バストアップサプリも意外と大事なポイントです。

サーマクールバストは最先端のバストアップ施術法

日々、バストアップのための努力を継続している女性は少なくありません。

食事やサプリメントからバストアップに効果のある栄養成分を摂取したり、バストアップを妨げる生活習慣を改めたり、ストレッチや運動、マッサージやツボ押しなどでバストアップをはかる女性もいるでしょう。

他にもクリニックを利用してバストアップを目指す方法もあります。近頃新しくお目見えしたバストアップ施術のひとつに、サーマクールバスト、というものがあります。

サーマクールという言葉が以前からあるわけではなく、熱=サーマ、冷=クールという意味になり、熱を与えてから冷ます、という意味の作られた言葉です。

テレビやメディアでも頻繁に取り上げられるようになってきましたので、もしかしたら耳にしたり目にしたこともある人もいるかもしれません。女性支持の高い雑誌などで取り上げられた事がきっかけで、注目を集めているバストアップ方法です。

何より女性たちに指示を受けている理由としては、施術時間が短いこと。30分で施術完了のため、体にダメージが大きくないといった事が長所のひとつです。

方法としてはレーザー光線などではありません。高周波=ラジオウェーブを活用し、コラーゲン組織を活性化させることによってバストアップを目指します。

コラーゲン繊維に高周波が届くと、2ヶ月から6ヶ月ほどでコラーゲンの量は増えていきますが、体質によって増えていく速さも違います。即効性というよりも、徐々に増えていくといったイメージです。

現在の日本ではまだ余り有名ではない施術となりますが、アメリカでは以前から浸透された施術方法となり、審査を通るのには難しい、FDA (アメリカ食品医薬品局)にもしっかりパスしている方法になります。

以前からある施術方法であるシリコンバッグをバストに挿入する施術よりもぐっと安価で、施術費用は大体40万円程度のようです。

今よりもバストアップしたい、落ちてきたバストを持ち上げたい、以前のようなハリのあるバストになりたい、谷間のできるバストになりたい、など女性のバストにまつわる悩みは様々といえます。上記のような色々な悩みに答えることのできるバストアップ施術がサーマクールバスト施術だといえるでしょう。

思春期時の睡眠時間とバストアップの関係

女性の場合、バストの大きさがコンプレックスになってしまうことは多いと聞きます。大きな方にも悩みは勿論存在しますが、胸が小さめの女性の方の悩みも深いもの、女性としての自信にも関わってくるようです。

なぜバストに小さい大きいがあるかというと、その理由は女性ホルモンの分泌が関係しています。思春期時代に女性ホルモンがどの程度活性化していたかどうか、といった事で大きくなるか小さくなるかが決まってくるのです。

但し、睡眠時間だけの問題ではなく、女性ホルモン分泌が一番大きい22時から午前2時までの間にきちんと眠れているかどうかが関わってきます。

少し前に深夜のバラエティ番組で興味深いアンケートが行われていました。全国の都道府県の中で一番胸の小さな県は一体どこか、というデータを提供していたのです。

その県は埼玉県という結果でした。しかも埼玉県の女性は、どの都道府県よりも遅くに眠る思春期の女性が多かった事がわかっています。

だからといって思春期時代のバストの成長が全てなのかというとそうではありません。例えば女性ホルモン分泌にお勧めの食材を口にしたり、ストレッチやマッサージを行なうのも有効ですし、つぼ押しなどもお勧めになります。

個人的にお勧めなのは、バストを支えている筋肉の強化です。両手をバストの前面で合わせた後、手の平の真ん中に意識をおいて力を込めてみて下さい。胸にある筋肉に力が注がれていく事がわかりませんか?

この動作を1日に5分間、4回ほどリピートする事でバストアップに繋げる事が期待できます。胸の筋肉強化でバストへアプローチし、徐々にバストアップされる事へと繋がりますし、美しい形を少しでも長い間キープする事が可能です。

他にも背筋運動のように胸をそらす動きや、ストレッチなどもバストアップに効果があります。自分が続けやすいバストアップ方法を見つけ、楽しくバストアップしていきましょう。